midashi

当社は、厚生労働大臣認定TLO(財)ヒューマンサイエンス振興財団ヒューマンサイエンス技術移転センター(HSTTC)と
国立精神・神経センターの発明:「改良されたsiRNA分子およびこれを用いた遺伝子発現の抑制法」出願特許に関するライセンス契約を締結し、当該発明を利用した創 薬研究、研究支援サービス事業および核酸医薬開発を行うための国内外(日本、アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、中華人民共和国、イン ド及び複数のヨーロッパ特許条約締約国:英、仏、独、伊、等)における再実施許諾権付きの独占的実施権を取得いたしました。
今回実施許諾の対象となった当該発明は、siRNAの2本鎖RNA分子の改良に関するもので、2本鎖部分の一部配列へ変異を導入することにより、 もとの2本鎖RNA分子よりも、強力な遺伝子抑制効果を実現できるものです。キメラ型RNAiへ適用できることも確認済みです。
疾患の中には疾患関連遺伝子がその正常遺伝子に極めて類似の配列を有していることがあり、従来のsiRNA設計・決定技術でも対応できないことが あります。
当該発明は、そのような問題において特に威力を発揮し、siRNAの選択肢を約10倍に広げる画期的技術であり、創薬・医薬へのsiRNA応用に弾み をつけるものと期待されます。