midashi


この機能は、昨今のncRNAへの対応という意味で非常に重要な意味を持っています。

ncRNAとはnon-coding RNAの略で、タンパクをコードしていないRNAということです。特に短いncRNAが、遺伝子発現の制御を行っているらしい、ということが明らかになり、 ncRNAは生体内で重要なはたらきをしているのではないか?という考え方が徐々に一般的になって来ています。このような状況で、設計したsiRNAがncRNAに影響を与えないのかどうかを検討する必要も出てきました。しかしながら、ncRNAの全貌は解明されておらず、ましてや、ncRNAの配列データベースというものは学術試行的なものは公開されていますが、 Genbankのように一定の信頼度を持った網羅的なデータベースは存在していません。そのため、ncRNAに影響を与えないのかどうかを検索する以前に、まず、ncRNAを発見しなければならない、という状況です。しかし、本システムでは、ヒトゲノム全体に対するオフターゲット検索を行うことが出来ます。謎が多いncRNAといえども、ゲノムからコピーされているわけですから、 ゲノムを検索すれば、ncRNA検索に代えることが出来るといえます。 siRNA配列を決定する前に、ゲノムも検索し、 ゲノム上でも完全マッチや1ミスマッチの候補が無いことを確認してみるとより良いでしょう。